ABOUT

御堂筋サイクルピクニックとは?

  —御堂筋を10,000人で走りたい!—

歩行者も自転車も安心して通行できる環境づくりを、自転車ユーザー側から求めるために始まったのが「御堂筋サイクルピクニック」です。
御堂筋に自転車レーンを作って欲しい!とアピールするのが目的ですが、それだけでなく、自転車が本来走るべき「車道」を走行することを通じて、自転車マナーの啓発もアピールする新しい取り組みです。

「第1回御堂筋サイクルピクニック」は、2011年10月22日に開催しました。100人が参加し、全員で御堂筋をアピール走行しました。イベント開催時には、自転車が縦列で車道を走行する様子を撮影しました。その映像や参加者の意見は、自転車の走行環境を考えるうえで貴重な資料となることがわかりました。
また、第1回の経験を通じて、「目標は10,000人で自転車に乗ってPRすること」「PRができる自転車の走行環境を実現したい」の2点を目標としました。
2年目の2012年は、ワーキング会議「サイクルピクニッククラブ」を発足し、春と秋の年に2回、御堂筋サイクルピクニックを実施することを決めました。最初は100人でスタートしましたが、車道走行によるアピールを通じて、賛同者を集めて、いつか10,000人で御堂筋を走りたいと願っています。

  —自転車が置かれている環境—

日本では、道路空間における自転車の位置づけがあいまいです。
自転車は本来、車道を走るものですが、歩道では、歩行者と自転車が入り乱れています。特に街なかでは、「歩行者と自転車」「自転車と自転車」「自転車と自動車」がぶつかりそうになり、危ない光景を頻繁に目にします。

そんな中、2011年10月に警察庁から発表された「自転車は車道走行が原則」の通達を受けて、自転車を取り巻く環境への関心が市民の中で高まっています。
大阪では、2011年に御堂筋の管理が国から市へと移管されることが発表されました。現在、緩速車線(側道)を歩道と自転車道にする検討がなされています。
御堂筋の車の通行量は40年前より4割減の36,000台になる一方で、自転車の通行量は約7倍に増加しているので、自転車レーンの設置はみんなの安全の確保の面からも必要です。

御堂筋サイクルピクニックは、自転車の走行空間を整備し、自転車、歩行者が安心して通れるメインストリートの実現に向けて活動しています。

■協力団体一覧
・自転車文化タウンづくりの会 http://cycletownosaka.jimdo.com/
・大阪でタンデム自転車を楽しむ会  https://www.facebook.com/osaka.tandem
・一般社団法人コミュニティマネジメント協会(CMA) http://www.cma-web.net/
・季刊紙サイクル http://cycleweb.jp/
・あおぞら財団 http://aozora.or.jp/
・認定NPO法人環境市民 http://www.kankyoshimin.org/
・輪の国びわ湖推進協議会 http://www.biwako1.jp/
・五環生活 http://gokan-seikatsu.jp/
・公社)アジア協会アジア友の会 http://www.jafs.or.jp/
・特定非営利活動法人気候ネットワーク http://www.kikonet.org/
・NPO自転車活用推進研究会 http://www.cyclists.jp/
・堺 自転車のまちづくり市民の会 http://bicycle-sakai.com/machi/
・銀輪亭倶楽部 http://ginrintei.sakura.ne.jp/cyclediary/
・ウィーラースクールジャパン http://cyclingschool.jp/

ABOUT」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 御堂筋サイクルピクニックの賛同者を募ってます! | 御堂筋サイクルピクニック

  2. ちゃりまま。

    こんにちは。大阪市内のチャリダーです。保育園に通勤に自転車活躍ちゅうなのですが…こちらの趣旨にはげしく賛同します。で、質問なのですが。
    自転車置き場(駐輪場)についてはアピールされないのでしょうか?勤務先が本町周辺なのですが、御堂筋近辺には駐輪場がなく非常に困っています。自宅と勤務先の中間が保育園で、近距離ではあるのですが、駐輪場がほとんどないためにかなり時間的にキュウキュウで、おそろしいタイムスケジュールになってます。
    ご近所さんの個人商店さんも、配達の途中で自転車撤去されそうになるなど、小さな経済にとってもあまり好い状況とはいえません。趣旨とは違うかもしれませんが、違法駐輪が増えることも(駐輪場がないのでやむなく5分ほど、ということも多いに起こり得ることだとおもうのです、なので違法するほうが悪い、しかたない、ではなく、販売、走行、駐輪と三位一体で考えなければこれからはいけないと思うのですが。違っていたら申し訳ありません。)レーンの問題も同じだと思うのですが。
    このメールですべてをつたえきれているかどうか分からないのですが、一言申し上げました。当日は、のんびりこどもと参加したいです。

  3. >ちゃりままさん

    コメントありがとうございます。
    事務局のフジエです。
    今は手がまわりませんが、仰るとおり、走行だけではなく、とめる方も(駐輪場など)アピールは必要だと思います。
    この活動の母体となっている自転車文化タウンづくりの会でも、市内の駐輪マップを作成していた時期があります(現在は、情報の更新が間に合わず、継続できていませんが)

    御堂筋サイクルピクニックにご参加いただいている皆さんも、自転車のより良い利用とそのための環境整備を願っておられると思います。
    駐輪場に関しては、どこに?、どれだけつくるのか?、誰が金を出すのか?について、いろんな人の知恵を寄せ集める必要があるなあと思います。
    自転車を利用する立場からも、そうした声を上げていかないといけないですね。今後、御堂筋サイクルピクニックの中から、そうしたプロジェクトが生まれたら良いなと思います。

    ※参考情報ですが。
    大阪市中央区役所では、自転車利用者の駐輪場利用を促進するため、「ちゅうりんマップ」を作成されています。テーマは、「ちゃんとはしろう ちゃんととめよう」です。
    (下記は2013年4月1日付けのものですが、まもなく2014年版がアップされると思います。次回4/20には配布予定です。スマホ版、携帯サイト版もあるので是非利用してみて下さい。)
    http://www.city.osaka.lg.jp/chuo/page/0000075270.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中